コンテナハウスならできます

ab01

群馬県前橋市の株式会社TSUSUMIが開発した、コンテナハウスのブランドがBOX OF IRON HOUSE。国産の新造コンテナを使い、建築確認申請に対応することで「住める」「使える」コンテナハウスを開発・製造しています。

低予算で店舗を持ちたい場合

shop1

BOX OF IRON HOUSEのコンテナハウスなら、法律や条令に適合した店舗として利用することも可能です。たとえば、金利の低い日本政策金融公庫のマル経融資(1500万円ないし2000万円が限度)での店舗建築も十分可能です。

また、コンテナハウスで店舗を建築することで「万が一集客が思わしくない場合には店舗を移動する」という裏技で、リスク回避も可能になります。

AirBnBなどの民泊施設として

DSCF6675

新造コンテナは建築確認申請対応。だから、簡易宿泊所の許可をとることが可能です。小型のコンテナハウスを2棟、3棟と組み合わせることで、今までなかった個性的なコンドミニアムの建築も可能になります。

敷地面積を増やしてコンテナハウスを建て増したり、管理棟を増設したり……といった、将来の事業展開にも柔軟に対応可能。BOX OF IRON HOUSEなら、宿泊事業での幅広いプランニングに対応できます。
(写真は奄美大島のVilla Kazubo)

予算1000万円で沖縄に別荘を

housing2

海が見える土地をお探しなら、沖縄かりゆし不動産のサイトで物件情報を見ることができます。たとえば200~300万円台の海が見える小さな土地に小規模なコンテナハウスを建築するプランなら、1000万円以内に収めることも可能です。

通常の別荘であれば、不在時の台風対策などが心配ですが、重量鉄骨造のBOX OF IRON HOUSERなら心配無用です。きわめて強固な構造で、台風や地震時にもこわれにくく、火災でも簡単に消失しません。

暑さ対策や耐久性アップも図られていますので「退職を機に沖縄に移住して、小さな住宅を持ちたい」といった用途にも十分対応します。現在のコンテナハウスは住居としても十分快適に設計されています。

 

 お問い合わせはこちら